【酒と泪と男と女】

新宿での接待、こだわりの日本酒は新宿御苑こころむすび店主の想い音楽と酒【酒と泪と男と女】
2016.8.28

【酒と泪と男と女】

みなさーん、こんにちわ。

『新宿御苑 魚と味噌と日本酒 こころむすび』の石田です。

みなさん、河島英五の

『酒と泪と男と女』

という曲をご存知ですか?

1975年の曲なので、若い人は知らないかもしれませんね。

中には、カラオケでよく歌うよ~なんて人もいると思います。

私もその一人です。

曲の中で、

♪忘れてしまいたい事や

 どうしようもない寂しさに

 包まれた時に男は

 酒を飲むのでしょう

 飲んで飲んで飲まれて飲んで

 飲んで飲みつぶれて眠るまで飲んで

 やがて男は静かに眠るのでしょう

とっても昭和な歌詞ですよね(笑)

だけど、人間にはどうしようもない寂しさだってあります。

やり場のない怒りだってあります。

忘れてしまいたいことだってありますよ、そりゃ人生には。

そのような時に、お酒に寄り添ってもらうこともあっていいじゃないですか。

お酒に慰めてもらうことだって、たまにはいいじゃないですか。

毎回はいけませんけど(笑)

みなさん、一生懸命生きているんだから。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

■こころむすびのお店情報

【住所】   〒160-0022

東京都新宿区新宿2-8-17SYビル1F(map )

新宿御苑前駅から徒歩1分 新宿三丁目駅から徒歩7分 新宿駅東口から徒歩15分 新宿御苑前駅からの道順はこちら

【TEL】03-3355-3577

【営業時間】 

17:30~20:30 おまかせ料理  

20:00~24:00 逸品料理 (L.O.22:30)

【定休日】  日曜日・祝日

【公式HP】こちら   

【食べログページ】こちら

TOPへ