醸し人九平次

新宿での接待、こだわりの日本酒は新宿御苑こころむすび店主の想い日本酒醸し人九平次
2011.12.4

醸し人九平次

こんにちわ。こころむすびの石田です。

私の好きなお酒の一つに「醸し人九平次」というお酒があります。

フランスの三ツ星レストランでも提供されているお酒で、白ワインのように

きれいなお酒です。その蔵元から、10年熟成のお酒が限定発売されました。

720ミリで31500円です。うーん、飲んでみたいけど、手が出ないです。。。

その蔵本さんのコメントが素敵だったので紹介します。

杜氏も佐藤氏のコメント

「米も人も土から生まれて土へ還るのだろう。」

それが、10年の時が流れたこのお酒を口にした第一印象です。

若かりし日の勢いや力強さは衰えたのかもしれません。

長い時間のなかで失われたものもあるでしょう。

しかし、時間がそぎ落としてくれたからこそ、余分のない、本質的な味わいがあります。

日本酒は太陽の光と水でできた飲み物。

いずれ枯れ果てれば、ふたたび水となり地に還ります。

だからこのお酒には、円熟し枯れていく儚さの中に、

光の明るさや、水の清冽さ、そして香り立つ土のニュアンスを感じるのだと思います。

長い旅の中、このお酒は奇跡的にあなたに出会えました。

2001年から10年。

ぜひお互いに流れた時間を埋めてみてください。

佐藤

いかがでしょうか?

「日本酒は太陽の光と水でできた飲み物」かぁ。いい表現だな。

TOPへ