【飲み残した日本酒の活用方法】

新宿での接待、こだわりの日本酒は新宿御苑こころむすび店主の想い日本酒【飲み残した日本酒の活用方法】
2017.6.17

【飲み残した日本酒の活用方法】

   
みなさーん、こんにちわ。

店主の石田です。







『酒の一滴は血の一滴だぁ~!!』




を信条にして(笑)

お飲みになっている方は別として…







飲みきれずに残ってしまったお酒に、困った経験のある方はいらっしゃいませんか?




0617




実は、残った日本酒の活用方法は色々とあるんです。

今回はジャンル別に上げてみましょう。




【料理編】

最初に思いつくのは、『料理酒として使う』ですよね。

基本のきです。




・煮物や味噌汁、タレなど料理酒を使う場面はたくさんあります。




・ご飯を炊く時にも少し入れるとふっくらします。

・冷たくなったご飯に少しふりかけて、電子レンジでチンするとふっくらします。




0617-1

写真のように、スプレーに入れておくと、とても便利!!




・魚を焼くときも、表面に吹きかけると、臭みが消え、美味しく焼けます。

・インスタントラーメンに入れても、美味しさがアップします。

・時間が経って、くっついてしまった蕎麦にも、吹きかけると、簡単にほぐれます。




【美容編】

女性は必見です。

実は日本酒には、保湿成分が豊富に含まれており、お肌に対して非常に効果的なのです。




・ローション代わりに、直接お肌に塗ります。(刺激が強い方は、水で割ってもOK)

・お風呂に入れます。

0617-2




じっくりと入浴すると、疲れや老廃物がとれ、肌もなめらかになります。

飲み残したお酒だけでは量が足りないかもしれませんが…(笑)




【鎮痛編】

元中日ドラゴンズの谷沢選手が、日本酒マッサージで怪我を克服した事例があります。

実は、日本酒は血行が良くなり、冷え性の方にも効果があるんです。




・湿布代わりに、ティッシュペーパーにお酒をしみ込ませ、肩や腰などの凝ったところに貼ります。

・タオルにお酒を染み込ませ、手足にかける。手足のむくみや冷え性にも効きます。




【番外編】


 

0617-3

・盆栽の肥料代わりに。

日本酒を吹きかけると、たちまち元気になります。







いかがでしたか?

飲み残した日本酒もいろんな活用方法があるので、試してみて下さいね。




本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
TOPへ