【なぜ日本人は辛口のお酒を好むのか?~その2~】

新宿での接待、こだわりの日本酒は新宿御苑こころむすび店主の想い日本酒【なぜ日本人は辛口のお酒を好むのか?~その2~】
2017.4.3

【なぜ日本人は辛口のお酒を好むのか?~その2~】

 

みなさーん、こんにちわ。
店主の石田です。




昨日から、久しぶりに内容の濃いブログを書いております。

昨日の内容はこちらから






今日は第2回目になります。




では、昨日の続きから…

【なぜ日本人は辛口を好むのか?】

という内容で書いていますが…




好んでいるというよりは…

昔は『辛口』しかなかった…




と言ったほうが正しい気がします。




だから皆さん

『辛口』『辛口』

と言っているに過ぎないのです。














ところで
『辛口』と聞いて、みなさんはどのような味を想像されますか?














































81306024003394



















まさか、唐辛子の辛さではないですよね。(笑)




























長年酒ソムリエをしていて、解ったことは
『辛口は人それぞれ捉え方が違う』
ということです。













つまり、10人中7人の方が
『辛口』
と同じ言葉を使っても、その意味は人それぞれ違うということです。







特に初めてご来店されたお客様から
「辛口のお酒を下さい」
と言われたら、どういう意味なのかを察知して、汲み取る必要があります。











さらに…

普段から日本酒に慣れ親しんでいる方の『辛口』と
まだ飲み始めて、間もない、日本酒初心者の『辛口』も意味が違います。










日本酒の味を表現する最もポピュラーな言葉である『辛口』が、実は一番難しい言葉であるという事実があります




























これを私は…







『辛口のパラドックス』と呼んでいます。(笑)





































前置きはさておき、まず、日本酒業界の『辛口』の定義を申しますね。

ごちゃごちゃ面倒な説明がいっぱいあるのですが、ここでは全て省いて、一言でいいます。




























『日本酒の辛口とは甘口ではないお酒のこと』

です。










つまり、甘くないお酒を辛口と言っております。

だけど、この定義を理解して、『辛口』と言う言葉を使っている方は以外に少ないように感じます。







第1回目で書いたように、昔は、『辛口』しかなかったから、日本酒の味わいを表現する必要がありませんでした。




黙っていても、勝手に辛口のお酒が出てきていたのです。

でも、最近は多種多様な味わいがあります。







『辛口』と言う言葉だけが独り歩きしてしまい、別に辛口が飲みたいわけでもないのに、







「とりあえず、辛口のお酒をください」

と言っている人が何と多いことか!








そもそも、なぜ日本酒の味わいを『辛口』と表現するようになったのでしょう?













~次回に続く~

























本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
TOPへ