【文豪、開高健と処女と熟女と日本酒】

新宿での接待、こだわりの日本酒は新宿御苑こころむすび店主の想いこころむすびの日本酒ラインナップ【文豪、開高健と処女と熟女と日本酒】
2016.8.22

【文豪、開高健と処女と熟女と日本酒】

みなさーん、こんにちわ。

『新宿御苑 魚と味噌と日本酒 こころむすび』の石田です。

私が学生時代のころ、作家の開高健が好きで、彼の作品を読みふけっていた時期があります。

作家としても偉大ですが、熱心な釣り師でもあり、食通としても知られており、食と酒のエッセイも多数あります。

彼がワインについて、このように書いております。

引用始まり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デカンタージュが教えることは、なにか? 

それは、一本のワインには二人の女が入っているということなんだ。

一人は、栓をあけたばかりのときの処女、もう一人は、それが熟女に

なった姿である。一本のワインで、処女と熟女のふたつが楽しめる。

一人の人間でこれを楽しもうと思ったら、最低でも十年ぐらいの時間

幅がいるけれども、ワインならこれが三十分ほどで味わえるんだ。そう

すると、ワインは女よりいいということになるかナ。

ただし、人間の女とワインも違うところがある。ワインは栓をあけて処

女を楽しむが、人間の処女は栓をして味わうという一点である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

引用終わり

若かりし頃の私はドキドキして読んだ記憶があります。(笑)

実は、日本酒にも処女と熟女がおります。

開けたてのフレッシュ感いっぱいのお酒が、時間が経つにつれ、まろやかになって、味がのってきます。

どちらも美味しいですし、どちらも楽しめますよ。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

■こころむすびのお店情報

【住所】   〒160-0022

東京都新宿区新宿2-8-17SYビル1F(map )

新宿御苑前駅から徒歩1分 新宿三丁目駅から徒歩7分 新宿駅東口から徒歩15分 新宿御苑前駅からの道順はこちら

【TEL】03-3355-3577

【営業時間】 

17:30~20:30 おまかせ料理  

20:00~24:00 逸品料理 (L.O.22:30)

【定休日】  日曜日・祝日

【公式HP】こちら   

【食べログページ】こちら

TOPへ